お問い合わせ

読み切りブックレット ドイツの文化


肉とソーセージ盛り合わせ

最新刊

武田 良材『しがないサラリーマンの1930-32年』(郁文堂、2017年)

一口紹介

2016年、ドイツでオリジナル版が刊行されたファラダの代表作『しがない男、さあどうする?』(初版、1932年)。 本書では、ロロロ叢書版との違いに注目しながら、作品の魅力を分かりやすく紹介。 ナチス政権誕生前夜、妻子を抱えながら、失業状態から抜け出すことのできない「しがない男」の姿は、 困難を抱えた現代社会にも通じるものがある。


募集要領

※下の画像をクリックするとPDFファイルが開きます。

募集要領


ラインアップ

京都発。ドイツ文学を身近に、そして面白く感じられる、読み切りブックレット。

ブックレット1巻


ページ内リンク

ページのトップへ戻る