お問い合わせ

ホーム


ベルリンのティーアガルテン

研究発表会(2022年度秋季) 

下記のとおり、2022年度の秋季研究発表会および総会を開催いたしました。春季に引き続きまして、今回も対面で開催しました。

開催日時:2022年11月12日(土)13:30より
会場:京都大学(文学研究科) 第7講義室
共催:京都大学文学研究科

プログラム

<研究発表>

  1. ヴィーラント初期メルヒェン作品における想像力論の展開
    ー『ビリビンカー王子の物語』から『イドリスとツェニーデ』へ
    ポルドゥニャク エドワルド 氏(京都大学大学院生)
  2. 怪物を読み解くこと ー W・ベンヤミンのカフカ論に寄せて ー
    小林 哲也 氏(京都大学)
  3.   

    全体進行:筒井 友弥 氏(京都外国語大学)/発表の司会:今井 敦 氏(龍谷大学)

<総会>

1)議事(2021年度決算報告/2022年度予算案)
2)諸報告(支部選出理事/各種委員)
3)選挙(支部長、支部選出理事、支部委員)
4)その他

※研究発表会は終了しました。2023年度春季研究発表会については詳細が決まり次第お知らせします。


支部会からのお願い

会員の皆様には、2022年度の会費納入をお願い申し上げます。円滑な学会運営のため、
早めの払込みをお願い致します。 ※詳細は「会費」をご覧ください。


支部会からのお知らせ

【かけはし文学賞2022年 アルトゥール・ベッカー&阿部津々子『Drang nach Osten(東方への衝動)』朗読会】

この度、阪神ドイツ文学会より下記イベントに関する周知依頼がございましたのでお知らせいたします。

■ゲスト:Artur Becker氏

■通訳:阿部 津々子 氏

■日時:2022年10月30日(日)15:00-16:30

■場所:ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川 ホール(京都市左京区吉田河原町19-3)

■主催:ゲーテ・インスティトゥート、阪神ドイツ文学会

■後援:日本独文学会京都支部

※詳細はこちら

Kakehashi-Literaturpreis 2022 Artur Becker & Tsuzuko Abe „Drang nach Osten“ Lesung

■Gast: Artur Becker (Autor)

■Übersetzerin: Tsuzuko Abe

■Moderator: Asami Kodama, Kenichi Hasegawa (Gesellschaft für Germanistik Osaka Kobe)

■Sonntag, 30. Oktober 2022, 15.00-16.30 Uhr

■Ort: Goethe-Institut Villa Kamogawa, Saal
Sakyo-ku, Yoshida, Kawahara-cho 19-3, 606-8305 Kyoto / TEL 075 761 2188

■Japanisch (Für die Besucher*innen wird nur von Deutsch ins Japanisch konsekutiv übersetzt)

Website: https://www.goethe.de/ins/jp/ja/sta/kyo/ver.cfm?event_id=24233720
Facebook : https://www.facebook.com/events/1281790265956676
instagram : https://www.instagram.com/p/Cjj6vs5uBVI/


『Germanistik Kyoto』掲載論文をドイツ語学文学振興会賞に推薦します。


『Germanistik Kyoto』の執筆申込要領・執筆要領を改訂しました。

終了したイベント

山岡記念財団による若者文化シンポジウム「越境するカルチャー ~日本とドイツ~」

詳細は山岡記念財団のイベント情報のページをご覧ください。


ヴィンフリート・メニングハウス講演会


ウェブサイトを公開しました。(2019年5月1日)



ブランデンブルク門


最終更新日:2022/11/18

ページ内リンク

ページのトップへ戻る